LOGISTICS物流インフラ

メインコンテンツ

充実した物流インフラ

北九州市は、本州と九州の結節点に位置し、本州、東九州、西九州の3方向に伸びる陸上アクセス網が発達しています。
また、瀬戸内海と日本海に面した東西2つのコンテナターミナルのほか、フェリー・RORO船、在来船に対応する多彩な港湾施設、24時間運用可能な海上空港や鉄道貨物ターミナルなど、陸・海・空の物流インフラが充実しています。
あらゆる輸送モードに対応できるため、Sea & Sea、Sea & Railなど複合一貫輸送も可能です。

国内外を視野に入れた、複合型物流拠点。

アジアに開かれた地の利を活かしつつ、高性能な物流ネットワークで各種ビジネスをサポートします。

物流拠点地図

地図のPDFがダウンロードできます

本州と九州を繋ぐ、交通の“要”

高速道路、鉄道、船舶、航空機により各地と繋がり、西日本の拠点として最適な立地条件を有します。
平成28年4月に東九州自動車道《北九州―宮崎間》が全線開通し、この区間の移動が大幅に短縮されました。
これにより、北九州市は本州、東九州、西九州の3方向に伸びる高速道路の結節点に位置し、西日本広域エリアの中心となっています。
充実した物流基盤に加え、交通アクセスが更に向上したことで、本市の「物流拠点都市」としてのポテンシャルがますます高まりました。

北九州市から西日本の主要都市までの時間と距離

アクセス

フェリー
【新門司】
神戸まで12時間
泉大津まで12時間
大阪南港まで12時間
徳島まで14時間
東京まで34時間
【小倉】
松山まで7時間
JR(新幹線)
東京駅まで4時間50分
名古屋駅まで3時間
新大阪駅まで2時間10分
博多駅まで15分
熊本駅まで55分
鹿児島中央駅まで1時間35分
飛行機
東京まで1時間30分
名古屋まで1時間15分
沖縄まで1時間40分
高速自動車道
【門司ICから】
東京ICまで11時間
名古屋ICまで8時間
東大阪北ICまで6時間
北九州~羽田 スターフライヤー、日本航空の航空便が早朝から深夜まで1日16往復運航しています。
北九州~名古屋(小牧) フジドリームエアラインズの北九州⇔名古屋小牧線が、毎日1往復運航しています。75分で到着しますので、名古屋だけではなく、東海地区への移動に便利です。
北九州~那覇 スターフライヤーが期間限定で運航しています。

運航ダイヤなど、詳細は北九州空港ホームページをご覧ください。

北九州空港ホームページはコチラから

このページの先頭へ戻る