LOGISTICS物流インフラ
北九州空港

メインコンテンツ

九州・西中国で唯一、24時間利用可能な海上空港

北九州港の5つの特長

①24時間空港:離着陸制限なく最適な物流フローを提供
②海上空港:特殊貨物のシー&エア輸送も可能
③コンパクト空港:スポットが貨物上屋の目の前
④交通の“要”:陸・海・空で本州と九州をつなぐ最高の立地
⑤物流BCP:緊急時の対応に備える新たな物流スキームの構築を実現

北九州空港イメージ写真

国際貨物定期便

大韓航空が大型貨物専用機による定期便を週3便で運航しています。
仁川国際空港をハブに世界各地とつながっています。
また、貨物専用機での運航のため、大型貨物や特殊貨物の輸送に最適です。

■運航機材  B747F・B777F

■運行ルート 北九州 仁川 往復便
輸出だけでなく輸入サービスも本格化!
仁川経由で世界各地と接続

KEノーズオペレーション

国際貨物チャーター便

国際貨物チャーター便が月1便以上の頻度で就航しています。これらのチャーター便は各エアラインの拠点となるハブ空港に接続しており、世界各地への輸送が可能です。国際貨物上屋にはカーゴハンドリングシステムを導入し、冷凍冷蔵コンテナも備えています。また、大型貨物専用機に対応できるGSE機材も取り揃え、あらゆる航空貨物の輸送に適した環境を整えています。

■就航エアライン/
日本貨物航空、アトラス航空、大韓航空、シンガポール航空、
ボルガ・ドニエプル航空 ほか

北九州空港イメージ写真

国内便

羽田旅客便(スターフライヤー、日本航空)が早朝から深夜まで運航されており、ベリー(貨物室)を利用した貨物の輸送を行っています。
スターフライヤーでは、国際貨物の転送も行っています。

北九州空港イメージ写真

大型貨物用エプロン

北九州空港には、九州では唯一の大型貨物用エプロンが備えられています。このエプロンには、前方に広く荷役作業スペースが設けられており、全長の長い大型貨物の輸送では機首部分からの貨物搭降載(ノーズオペレーション)を行うことができます。

北九州空港イメージ写真

ボルガ・ドニエプル航空と福岡県・北九州市でMOU締結

 令和2年1月29日、ロシアの大手貨物航空会社、ボルガ・ドニエプル航空と福岡県・北九州市は、北九州空港の利用促進に係る覚書を締結しました。同社が地方自治体と覚書を締結するのは国内初です。同社は、世界最大級の貨物輸送機「アントノフ124-100」12機を含む47機の貨物機を保有しており、大型貨物、重量貨物、人工衛星などの特殊貨物、災害時の緊急物資など顧客ニーズに合わせて、北九州空港の利用を積極的に検討しています。

ルガ・ドニエプル航空と福岡県・北九州市でMOU締結の様子

このページの先頭へ戻る